バイナリーオプション

バイナリーオプションをスマホでするメリット!おすすめのアプリも!

「バイナリーオプションをスマホで手軽に取引したい…。」

そう思っても、PCではなくスマホで取引するのって少し怖いですよね。

そこでこの記事では、バイナリーオプションをスマホでするメリットを紹介していきます。

バイナリーオプションでおすすめのアプリも紹介していくので、ぜひご一読ください。

 

 

バイナリーオプションをスマホでするメリット!

バイナリーオプションをスマホで取引するメリットは、どこでも気軽に取引できることです。

具体的にどういう点がメリットになるのか紹介していきますね。

 

場所を選ばず気軽に取引できる

スマホだと場所を選ばずにどこでも手軽に取引できることが大きなメリット。

例えば、仕事の合間にトイレでさっと取引したり、カフェでコーヒーを飲みながら取引をしたりと、手軽にバイナリーオプションができます。

家でもテレビを見ている間や寝ながらサクッとトレードして、利益を上げることもできてしまいます。

PCでずっと画面を監視しながらバイナリーオプションだと、疲れてしまいますよね。

気が向いたときだけ、好きな場所、好きなタイミングでバイナリーオプションをで取引できるのがスマホ取引の大きなメリットです。

 

スマホのアプリだと起動時間が早い

スマホのアプリは起動時間が早いこともメリットです。

PCって起動するまで時間がかかりすぎとは思いませんか?

実際、2~3分あればPCの画面は立ち上がるのですが、その2~3分ってなぜかイライラしますよね。

心理学でも、何かを始めるときに少しでも手間が増えると、モチベーションが下がると言われています。

スマホであれば、アプリをタッチしてものの数秒~10秒程度で起動・取引画面が開くので、すぐにバイナリーオプションを始めることができます。

少しの差ではありますが、スマホの起動時間の早さも大きなメリットです。

 

 

バイナリーオプションをスマホでするデメリット

逆にバイナリーオプションをスマホでするデメリットも紹介していきます。

やはり、スマホだと不便な点がいくつかあるので、デメリットを考慮したうえでスマホで取引してくださいね。

 

電波状況が悪くなりやすい

外出先でバイナリーオプションをする場合、電波が不安定になることが想定されます。

特にポケットWi-Fi等を使っている場合、取引の最中に接続が切れてしまい思った通りの取引ができないことも。

フリーのWi-Fiスポットだとさらに電波状況が悪い可能性があるので、注意してください。

 

スマホの画面が小さい

当然ですが、スマホの画面はPCに比べると小さくなっています。

そのため、スマホの操作ミスで誤発注などが起こる可能性があります。

また、PCの画面は横長、スマホは縦長となっているため、PCよりも見にくいですよね。

設定でスマホの画面を横向きにすれば、チャートは見やすくなりますが、今度は普段のスマホ利用が難しくなります。

スマホの操作ミスで思った通りにバイナリーオプションの取引ができず、大きなストレスを感じてしまう可能性があります。

 

画面が一つしか表示できない

スマホだと画面を一つしか表示できないので、チャートの分析が難しくなります。 

バイナリーオプションの取引を行うとき、画面が複数合った方が何かと便利です。

MTF(マルチタイムフレーム分析)や複数通貨ペアの監視、分析用のチャートと取引画面の同時表示など。

2画面表示できるスマホもありますが、持っている人も少ないと思います。

画面が一つしか表示できないのはスマホ取引の大きなデメリットです。

 

チャットや電話などで邪魔される可能性も

スマホで取引していると、途中でLINEなどSNSのチャットや電話などの通知が来る場合があります。

ただチャートを眺めている時なら問題なくても、いざ取引の注文をしようとしているタイミングに通知がくると猛烈にストレスですよね。

特に電話で中断されると、取引を再開しようとしたときに誤発注してしまうことも。

また、いちいち通知が来るとストレスで冷静になれず、感情的に取引してしまう可能性もあるので注意してください。

 

 

バイナリーオプションをスマホで取引するためのアプリ

バイナリーオプションをスマホで取引するには、基本的に業者のアプリだけで可能です。

ただ、分析用のチャートを表示させるアプリを使うのもおすすめ。

そこで、スマホにチャートを表示させる無料アプリを紹介していきます。

 

MT4/MT5

スマホのチャート分析アプリは「MT4」または「MT5」がおすすめ。

MT4やMT5はロシアのメタクウォーツ社が開発したソフトウェアですが、直感的に操作することができます。

数多くのテクニカル指標が入っているほか日本語にも対応しているため、英語が読めなくても問題ありません。

PCでMT4やMT5を使っている方は、スマホでも口座情報を同期できるので、スマホでFXをしたいという方にもおすすめです。

 

Think Trader

「Think Trader」も海外製のチャートアプリになりますが、こちらもおすすめです。

Think Traderは、テクニカル指標が多く、為替の他に株価や仮想通貨などの銘柄にも対応しています。

日本語対応していないものの、直感的に操作ができるので慣れれば簡単に操作できます。

分析用にはうってつけのスマホアプリになります。

 

 

バイナリーオプション初心者はスマホよりもパソコンがおすすめ 

スマホでバイナリーオプションをするメリット・デメリット等を紹介してきました。

ただし基本的にバイナリーオプション初心者には、スマホで取引することはおすすめできません。

バイナリーオプションは最短で1分後の判定で取引することができます。

それに、スマホだとエントリーポイントがズレてしまうことも少なくありません。

思った通りに取引できないとストレスを感じるので、まずはPCでバイナリーオプションを慣れてからスマホで取引することをおすすめします。

 

-バイナリーオプション

© 2020 FXトレード入門