FX

勝てるFXトレンドラインの引き方と注意点

トレンドラインの重要性は理解しても引き方がいまいちわからないと悩んでいる人はいませんか?

勝てる引き方はどう引けばいいの?と悩みすぎるのはよくありません。

引き方はトレーダーごとに違ってきます。

算数のようなカチッとした正解はありません。

 

今回の記事では、引き方を解説していきます。

 

 

FXトレンドラインとは?

相場には、「上昇トレンド」「下降トレンド」「トレンドレス(レンジ相場)」の3つの状況があり、その確認ができます。

 

水平線とFXトレンドライン

水平線とトレンドラインは似ています。異なるラインになる可能性が高いのは、FXトレンドラインです。水平線は、何度か反発したカ所に引きますが、FXトレンドラインは、点と点を結ばなければいけません。その点の見つけ方がトレーダーによって変わってきます。

 

FXトレンドラインの役割

主な役割は、次の2つです。

・相場状況の確認
FXトレンドラインを引いたとき、右上がりなら上昇トレンド、右下がりならば下降トレンド、それ以外はトレンドレスです。

・支持線と抵抗線
引いたラインは、未来のテクニカル分析に役立ちます。
支持線と抵抗線は、テクニカル分析をするうえで重要な役割を持っていので、詳しく見ていきましょう。

 

支持線と抵抗線の役割

次に支持線と抵抗線の役割を確認しておきましょう。

・支持線(サポートライン)
安値同士を結び、右上がりのラインが形成されればそれを支持線と呼びます。ラインがよりローソク足が上にあるので、支えるようなイメージです。水平線を引いたときローソク足が上にあれば、その水平線も支持線として活用できます。

・抵抗線(レジスタンスライン
高値同士を結び、右下がりのラインが形成されればそれを抵抗線と呼びます。ラインがローソク足より下にあるので上から抑えて抵抗しているようなイメージです。水平線を引いたときローソク足が下にあれば、その水平線も抵抗線として活用できます。

引かれたラインにローソク足が近づくと跳ね返り、突破をすればその方向に勢いが増すかもしれません。支持線と抵抗線は、ローソク足の動きによって、トレンドの変換を見極めることができます。

 

 FXトレンドラインが重要なのは投資家が意識をするから

投資家がラインを引き、意識をしているから変動が起こるのです。
FXでテクニカル分析をするには、多くの投資家と同じチャートを見る必要があります。そのため、引き方がわかりやすい水平線の方が、ローソク足の支持線や抵抗線として反応しやすいのです。ただし、一方には相場状況の見極めという役割もあります。FXトレンドラインの方が勝てるかもしれません。

 

 

勝てるFXトレンドラインの引き方とは?

次は、勝てる引き方を確認しましょう。

 

上昇トレンドラインの勝てる引き方

チャートをローソク足が細くなり、全体が見えるように表示します。次にその表示したチャートで、一番の底値を見つけてください。またその次に目立つ底値を見つけます。これが見つけられないのならば、下降トレンドが発生しているかもしれません。

一番の底値には、水平線を引いておきましょう。次に一番の底値とその次の底値を、結び、ラインを引いてください。右上がりのラインが表示されます。引き方はとても簡単、底値とその次の底値を難しく考えると、引きにくくなるので注意をしましょう。

陰線のローソク足がラインを突破した場合は、引き直しが必要です。続く陰線から陽線に変換し、再度上昇をし始めたら、直近の安値と、最初の一番の底値をラインで結びましょう。高値を更新しなくなったら上昇トレンドは終了の可能性が高まります。

 

下降トレンドラインの勝てる引き方

先ほどと逆の引き方をしたとき、表示されたラインが右下がりならばそれが下降トレンドラインです。
過去チャートを利用して高値と底値を見つけ、いろいろな引き方を試してみましょう。意識されているラインが引けるはずです。

 

ローソク足の実態とヒゲ

引き方を試すと、いろいろなことを考えます。

・ローソク足の実態同士を結ぶの?
・ヒゲ同士を結ぶの?
・陰線同士を結ぶの?
・陽線同士を結ぶの?

このようなことをいろいろと考えると、難しくなります。これを解決するには、過去チャートを利用して一番しっくりくるような、勝てる引き方自分で見つけるしかありません。
ちなみに私はローソク足の実体で結ぶようにしています。ただ、何度も言いますがこれが勝てる引き方の正解というわけではありません。

 

押し目買いと戻り売りで勝てる

FXトレンドラインを引いたら、押し目買いと戻り売りで利益を得ましょう。引き方を覚えただけで満足をしていては利益を出すことはできません。

押し目買いとは、上昇トレンド中にレートが下がり、先ほど引いたFXトレンドラインで押し戻すと分析し買いで注文をすることです。戻り売りは、下降トレンド中にレートが上がり、先ほど引いたFXトレンドラインで反発すると分析した結果、売りを注文することを指します。

両方とも逆張りに見ますが、全体的なトレンドで考えると順張りです。FXで勝てるようになるには、トレンドに乗ることが大切、押し目買いと戻り売りを上手に活用しましょう。

 

 

FXトレンドラインの引き方で勝てるようになるための注意点

FXトレンドラインも万能ではありません。次の点に注意をしてください。

 

FXトレンドラインの角度に注意

引いたFXトレンドラインの角度が急ならば、強いトレンドが発生していると言えます。急になればなるほど、ブレイクされる可能性が高まり、支持線や抵抗線として活用しにくくなるので注意をしましょう。押し目買いや戻り売りをするときは、角度を考えて判断をしてください。

 

FXトレンドラインは余裕を持たせて活用する

FXトレンドラインで必ず反発するわけではありません。先ほども説明しましたが、正解と言える引き方がないのです。そのため、自分の引いたラインを割ってから反発することもあります。だからと言って間違えたというわけではありません。
大切なのは、引いたラインに余裕を持たせて活用することです。押し目買いをするときは、確かに反発をしてから買い注文をしましょう。

 

 

勝てるFXトレンドラインの引き方【まとめ】

引き方に正解はありません。勝てるようになるには、いろいろと自分なりに引いて慣れていく必要があります。

FXトレンドラインは何本引いてもOKです。数あるFXトレンドラインの中かから「これだ!」というものだけを表示しておく方法もあります。

いろいろと試し、自分なりの勝てる引き方を見つけてください。

-FX

© 2020 FXトレード入門