FX

FX初心者が理解すべき押し目買いとは?注文のタイミングに要注意!

 

押し目買いとは、上昇トレンド時に価格が下がった時点で買い注文を入れることで、

FX初心者にもできる基礎的な手法です。

 

効果的に利幅を増やせる手法ではあるものの、

エントリーのタイミングを間違えてしまうと損失にもつながりかねません。

 

今回は、押し目買いの仕組みや注文方法、注意点などをお伝えしますので、

長短所の両面までしっかりと理解しておきましょう。

 

この記事で解決できる悩み

・FXの押し目買いとはどのような手法?

・押し目買いは初心者でもできるの?

・押し目買いのエントリーポイントや注意点は?

 

FXの基礎ともいえる「押し目買い」の手法は、

初心者の内に理解しておくと利確のチャンスが増えます

 

特に、「適切なエントリーポイントがわからない」という方にとっては、

押し目買いがわかるだけでさくさくとトレードを進めていけることでしょう。

 

今回は、押し目買いの仕組みやメリット、押し目買いをする方法をお伝えしています。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

FX初心者の内に理解したい押し目買いとは?

「押し目買い(おしめがい)」とは、

上昇傾向の相場(上昇トレンド)でいっとき価格が下がる際に買い注文を入れることです。

 

押し目買いはFX初心者でも勝率を高めやすい方法になるため、ぜひとも覚えておきたい手法です。

FXでは、たとえ相場が上昇傾向でも価格が上がり続けることはありません。

 

価格が順調に伸び続けている場合でも一時的に値下がりすることもありますが、

これを押し目と呼びます。

 

押し目になると価格高騰中に少しだけ安い値段で注文が可能です。

 

仮にそのまま高騰を続ければ、決済時の価格から押し目買い時の価格を差し引いた、

より高い利益を獲得できます

 

特に難しい知識も必要ないので、FX初心者にはおすすめの手法といえるでしょう。

 

 

押し目買いは利益の出しやすさや利幅の大きさがメリット

押し目買いのメリットは、トレンドの流れに沿って利益を確定しやす点です。

 

押し目買いの注文時は上昇トレンドが継続中なので、そのまま通貨価値が上昇しやすいといえます。

そのため、上記の流れのままポジションの価格も上昇すれば、利益が確定します。

 

さらに利幅の大きさもメリットの一つです。

 

上昇トレンドのなか、

さらに価格が高騰したポイントで買うと利幅は小さくなりますが、

押し目買いは価格が下がったときに注文を出すため利益はより大きくなります。

 

 

押し目買いと戻り売りの違い

押し目買いとは反対の言葉にあたる、戻り売りもFX初心者には重要な手法です。

 

戻り売りとは、

下落傾向にある相場(下降トレンド)でいったん価格が上昇したときに売り注文(空売り)を入れる方法を指します。

 

下降トレンドがそのまま継続すると判断した場合、一時的に値上がりした際に売りを仕込んでおくということです。

 

一方、押し目買いは上昇トレンドが続くと判断したときに活用します。

 

上記のように押し目買いと戻り売りは注文のタイミングが大きく異なるため、

特に相場のトレンドをしっかりとつかんでおくことが大切です。

 

 

FX初心者でも実践可能な押し目買いの方法

押し目買いを正しく行うには、

上昇トレンド中に一時的に価格が下がるポイントを正確に見極めることが重要です。

 

ポイントを見極めることができれば、決済時により高額な利確のチャンスも生まれます。

 

以下でお伝えするトレンドライン」と「移動平均線を使った方法なら

FX初心者の方でもできるので、ぜひご参考ください。

 

トレンドラインを使った押し目買いの方法

トレンドラインとは、相場全体の上昇と下降の傾向を1つの線で表したものです。

 

仮に現在の価格が順調に値上がりしているとき(上昇トレンド)は、

トレンドのなかで安値になっている複数のローソク足を1本の線で結びます。

 

それぞれ安値を直線で結んだものが、上昇トレンド時のトレンドラインです。

 

その後、

トレンドラインに向かって価格が下がってくる(ラインにローソク足の終値が触れる)と、

その時点で押し目だということが判断できます

 

移動平均線を使った押し目買いの方法

移動平均線とは、過去一定期間の平均価格を折れ線グラフで表したものです。

 

トレンドラインと同じく、相場上昇中に価格が下落して移動平均線に近付くと、

そのポイントが押し目だと判断することができます。

 

たとえば、移動平均線が上向きに推移している際は、

現在の上昇トレンドが継続することが一般的です。

 

一方で、上昇トレンド中でも一時的に価格が下落して、

ローソク足の終値が移動平均線に近付くポイントが出てきます。

 

つまり、上記のポイントは上昇トレンド中に起きた一時的な価格下落にあたるため、

押し目買いの注文を出すチャンスだとわかります。

 

 

FX初心者が押し目買いを実践するときの注意点

FX初心者の内に押し目買いを実践する場合、次の2点には注意しておきましょう。

 

  • 上昇トレンドが反転してしまうリスクもある
  • 押し目待ちはかえってエントリーチャンスを逃す

 

押し目買いのデメリットは、適切なエントリーポイントを見つけることが難しい点です。

 

よって、上記2点に注意しておかなければ、

のタイミングをつかむのがより困難になるでしょう。

 

以下で詳しくお伝えしていますので、実践前にご確認ください。

 

上昇トレンドが反転してしまうリスクもある

押し目買いで注文したからといって、必ずしも上昇トレンドが継続するわけではありません。

 

なぜなら、一時的に下落した価格からそのまま下降トレンドに突入する可能性もあるからです。

 

特に、押し目買いで注文したポジションを長期に渡って保有する際には注意してください。

下降トレンドに反転して大きな含み損を抱えてしまう恐れもあります。

 

もしトレンドラインを大きく下回った場合は、

冷静になってもう一度トレンドラインを引き直すことが大切です。

 

新たなトレンドラインを形成できれば、損切りのタイミングもつかみやすくなります。

 

押し目待ちはかえってエントリーチャンスを逃す

押し目買いは利益が大きいからといって、押し目ばかり期待して待つことはおすすめできません。

 

相場には「押し目待ちに押し目なし」という格言がある通り、

押し目ばかり期待しているとかえってエントリーチャンスを逃してしまいます

 

たとえば、上昇トレンドのなかには、激しい勢いを見せる相場も珍しくありません。

相場の勢いが強いと押し目買いのチャンスが来ず、高騰したポイントで注文してしまう恐れもあります。

 

すると、利幅が薄くなるどころか、下降トレンドに移行した場合は大きな含み損です。

そのため、先ほどお伝えしたトレンドラインや移動平均線を参考に、

押し目待ちをせずにあらかじめエントリーポイントを決めておくようにしましょう。

 

自分で決めたエントリーポイントに達しない場合は、あえて注文を見送ることも大切です。

 

 

【FX初心者にもわかる押し目買い】のまとめ

押し目買いを有効に活用することで、

FX初心者でも利益を確定しやすくなり、さらに利幅を増やすことも可能です。

 

ただし、今回お伝えしたように、押し目買いを行う際は以下の点に注意してください。

 

  • 上昇トレンドが反転してしまうリスクもある
  • 押し目待ちはかえってエントリーチャンスを逃す

 

押し目買いにもリスクがあることを理解しておくと、より成功の確率が高まります

また、同時に戻り売りについても把握することで、注文時の選択肢が広がることでしょう。

 

ぜひ、いろいろな手法にチャレンジして利確のチャンスを広げてみてください。

 

-FX

© 2020 FXトレード入門