FX

FXの証拠金維持率とは?安全に稼ぐための活用方法も解説してみた

「FXの証拠金維持率って何?」

 

FXの証拠金維持率を知ると、安全に稼ぐには必要不可欠なデータであることがわかります。

この記事で解決できる内容としては、

 

・FXの証拠金維持率ってどんな数値?

・FXの証拠金維持率の安全圏の目安は?

・FXの証拠金維持率を安全な状態に保つコツは?

 

といった悩みが解説できます。

 

 

FXの証拠金維持率とは何?

 

>>>証拠金維持率とは、保有ポジションが口座残高に対して大きすぎないかどうかを示す数字

 

FXの証拠金維持率は、入金してる金額に対して、

ポジションが大きくないかどうかを判断できる数字ってことですね。

 

計算式としては、

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

 

しかし、式を見ても、イメージしにくいですよね。

具体的に数字を当てはめながら解説していきます。

 

例えば、

・FXの口座に100万円入金

・1ドル=100円のときに10万通貨の1000万円分買いを入れ

 

ここではFXの一般的なレバレッジである25倍で計算していきます。

・必要証拠金は、100万円×レバレッジ25倍=40万円

 

計算式に当てはめてみると、

50万円(有効証拠金) ÷ 40万円(必要証拠金) × 100=120%

 

>>>証拠金維持率を正しく理解しないと、大損する可能性がある

 

証拠金維持率を正しく理解しないまま、FXで取引を続けてしまうと、危険です。

ロスカットや追証で損につながる可能性が出てきてしまいます。

 

詳しくロスカットや追証の意味を確認していきましょう。

 

 

「ロスカットとは?」

 

ポジションの損益が一定レベルに達したとき、強制的に決済すること。理由としては、損失の拡大を防ぐための制度。

レバレッジをかけて取引してるので、損失がどんどん膨らんでしまうと、支払いができない人も出てきますよね。

損失がでかくなりすぎないように、強制決済が行われるのです。

 

 

「追証とは?」

 

証拠金が損失などにより減ると、FX会社から追加入金を求められること。一定以上の減少で追証になる。

「取引に必要な証拠金が不足してるので、~の期間までに追加入金して」

ってお願いされることですね。

 

証拠金維持率が

・100%を下回ると追証が発生

・50%を下回るとロスカット

になってしまうので、現在の証拠金維持率を常にチェックする必要があるのですね。

 

>>>レバレッジが上がるほど、証拠金維持率は下がる

 

証拠金維持率とレバレッジの関係を見てみると、

 

2500%:1倍

1250%:2倍

500%:5倍

250%:10倍

100%:25倍

 

わかりやすく伝えると、レバレッジが上がるほど危険ってことです。

 

そのため、FXの証拠金維持率を活用し、安全に稼ぐためのコツを意識する必要があるのです。

 

 

FXの証拠金維持率を活用し、安全に稼ぐための目安

 

短期取引の場合

 

>>>短期取引の場合は、証拠金維持率は300%以上

 

短期の取引だと、リスクも小さくなります。

短期取引であるデイトレードなどでは、値幅も小さくなるので、その分、損失も小さくなります。

 

急な変動に巻き込まれることが少なく、すぐに対処できる状況のためですね。

 

具体的な目安としては、証拠金維持率は300%以上。

レバリッジでは、10倍までと頭に入れておきましょう。

 

 

長期取引の場合

 

>>>長期取引の場合は、証拠金維持率は1000%以上

 

短期の取引と比べると、急な変動が起きた場合、大きなダメージを受ける可能性があります。

損切りなどを細かくできないため、損失が膨れ上がってしまうためですね。

 

長期の運用スタイルでFXをしているなら、証拠金維持率は1000%以上を目安にするようにしましょう。

レバリッジも2倍ほどを意識することで、ロスカットなどを気にせず、じっくりと取引ができます。

 

まとめると、FXの証拠金維持率を活用し、安全に稼ぐための目安としては、

 

・短期取引の場合は、証拠金維持率は300%以上

・長期取引の場合は、証拠金維持率は1000%以上

 

で管理し、大損を防ぐことが大切です。

 

 

FXの証拠金維持率を安全な状態に保つコツ

 

>>>証拠金維持率の管理を徹底する

 

長期の取引の場合は、ポジションを持つと、放置してしまう人も多いです。

 

しかし、証拠金維持率の管理を怠ると、最悪ロスカットになり、

強制的に資産が消えてしまう結果につながります。

 

予想通り値動きが進んでいるかの他に、必ず定期的に証拠金維持率の管理を定期的に行いましょう。

 

>>>ポジションを多く持ちすぎない

 

特に初心者の場合、ポジションを多く持ちすぎると、大きな価格変動があった時に対応できなくなります。

ポジションの金額や数を増やさず、自身が管理できる範囲で保有することが大切です。

 

余裕を持った取引ができるかどうか?が大損を防ぐコツでもあるのですね。

 

>>>損切りラインを決めておく

 

ポジションを持つ前に、損切りラインを決めておかないと、

急激な価格変動があった場合、対処が遅れる結果につながります。

 

「追証の連絡が来たから、とりあえず入金しとこ」

「ロスカットだけはなんとか避けたい」

 

なんて、目の前の損をなくしたい行動は、その場しのぎでしかありません。

損切りラインを明確に決めておくことで、最小限の損失に抑える視点が重要です。

 

絶対に負けない取引ありません。

そのため、FXの証拠金維持率を安全に保つ工夫をしながら、

売買を続けていくことが、トータルで利益を出すポイントってことですね。

 

 

【FXの証拠金維持率とは?安全に稼ぐコツ】まとめ

 

FXの証拠金維持率とは、保有ポジションが口座残高に対して大きすぎないかどうかを示す数字です。

証拠金維持率を正しく把握しておかないと、大損する可能性があるため、正確な管理が必要となります。

 

安全に稼ぐための目安として、証拠金維持率は

 

・短期取引の場合は、300%以上

・長期取引の場合は、1000%以上

 

にするように意識しましょう。

 

FXの証拠金維持率を安全な状態に保つコツとしては、具体的に

 

・証拠金維持率の管理を徹底する

・ポジションを多く持ちすぎない

・損切りラインを決めておく

 

などのポイントがあります。

 

安全な取引につなげるために、FXの証拠金維持率を活用していきたいですね。

 

-FX

© 2020 FXトレード入門