FX

FXで1pips変動すると1ロットでいくら得する?わずか2秒で計算するコツ

FXの損益計算でよく目にする「pips(ピップス)」。このpipsをしっかりと理解していないと、1ロット辺りいくら損益を計上したのか計算ができません。今回はpipsやロットの基礎知識をお伝えしつつ、「FXで1pips変動すると1ロットでいくら得するのか」という疑問に答えていきます。

この記事で解決できる悩み

・1pips変動すると1ロットでいくら損益が生まれるのか?
・1pipsはいくら、1ロットは何通貨を表すのか?
・pipsを使った損益計算を効率的に行うには?

 

FXの損益計算では、よく「pips(ピップス)」という単位が用いられます。

このpipsをしっかりと理解していないと、1ロット辺りいくら損益を計上したのか計算ができません。

そこで今回は、pipsやロットの基礎知識をお伝えしつつ、「FXで1pips変動すると1ロットでいくら得するのか」という疑問に答えていきます。

損切り値を設定する際にも利用するため、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

1ロット辺りで1pips変動するといくら得するのか?

 

結論から説明すると、1ロットで1pips変動すると利益や損失は以下のようになります。

pips変動幅 1ロット 10ロット 100ロット
1pips 100円 1,000円 10,000円
10pips 1,000円 10,000円 100,000円
100pips 10,000円 100,000円 1,000,000円

※上記はすべてクロス円またはドル円取引の場合

 

上記の通り、1ロットの注文でレートが1pips上昇したときは、100円の利益を得ます。

反対に、同じ条件で1pips下落した場合は100円の損失です。

FXに慣れ始めた方であれば、上記だけでピンと来ることもあるでしょう。

しかし、初心者の方の場合は理解できないことも多いかと思います。

そこで、ロットやpipsについてもう少し詳しく解説を行っていきます。

 

 

1ロットでいくら損益が出るか計算するために必要な知識

 

pips変動値によって損益計算を行うには、ロットとpipsについての理解が必要です。

それぞれ以下で詳しくお伝えします。

 

1pipsは0.01円(1銭)

pips(percentage in points)とは、FXにおける価格変動幅の単位です。

ただ、価格変動の幅といっても、1pipsがいくらになるかは扱う通貨ペアによって異なります。

たとえば、クロス円(日本円を含んだ通貨ペア)やドル円の場合、1pipsの値は0.01円(1銭)です。

一方、ドルストレート(米ドルを含んだ通貨ペア)では、1pipsの値は0.01セントとなります。

 

 

pipsがいくらか簡単に計算するコツ

 

1pipsがいくらになるか、クロス円やドルストレートを例に出してお伝えしましたが、このように覚えようとすると計算が非常に面倒です。

たとえば、ドル円が101円50銭から101円67銭に上昇したとしましょう。

 

この場合はわざわざドル円のpips辺りの値(1pips=0.01円)を思い出し、値上がりした金額を値に当てはめる手間がかかってしまいます。

そこで、注文画面でよく見かけるBid値やAsk値の単位を参考にしましょう。

 

ドル円やクロス円は、「101.500」のように小数点以下が3桁表記になっています。

そのため、小数点以下の2桁目が1pipsと覚えておくと、101.500から101.670に値上がりしたときは17pipsの上昇だと瞬時に判断できます。

 

また、ドルストレートの場合は、「1.14360」のように小数点以下が5桁表記です。

こちらは、小数点以下の4桁目が1pipsだと記憶するだけで、1.14360から1.14250に値下がりした場合は11pipsの下落だと分かります。

 

1ロットは1万通貨

次に、1ロットがいくらになるかを理解していきましょう。

FXでは基本的に、1ロットは1万通貨を表します。

すなわちドル円の場合だと1ロットは1万ドル、ユーロ円の場合は1ロットが1万ユーロ。

また、仮にドル円が100円だと1万ドルは100万円分の価値があることを表しています。

 

 

1ロット辺りの1pips変動による損益を2秒で計算するコツ

では、今までお伝えしたことをもう一度おさらいしてみましょう。

円ドルの場合だと、1pipsは0.01円、1ロットは1万通貨ということでした。

 

そして、冒頭でお伝えした表を思い出してください。

 

例を使って計算してみると、ドル円が100円のときに1ロット(1万通貨)を買うと、取引金額は100万円(100円×1万通貨)となります。

 

その100万円分のポジションを保有するとき、10pipsだけ値下がりしたらどうなるでしょう。

 

上記表にあてはめると「1ロット」の「10pips」なので「1,000円」、つまり100万円分のポジションで1,000円分の含み損を被ったことを表します。

 

ただし、上記表の内容をすべて暗記するのは簡単ではありません。

そこで、1ロット辺りの1pips変動による損益は以下の計算式を活用しましょう。

 

  • 基準値100円×pipsの変動倍率×ロットの変動倍率

 

基準値とは、上記表でいうところの「1ロット」と「1pips」の値(100円)です。

この基準値さえ頭に入れておけば、後はpipsとロットの変動倍率だけ確認すれば済みます。

 

仮に10ロットの取引で10pipsだけ価格が動いた場合、「10ロット」は基準値「1ロット」の10倍、「10pips」も基準値「1pips」の10倍なので、

 

  • 基準値100円×pipsの変動倍率10倍×ロットの変動倍率10倍

 

上記のような計算式が成り立ち、答えは10,000(円)と簡単に求められます。

上記の表の内容にピッタリと当てはまっているはずです。

 

 

【1ロット辺りの1pips変動による損益】まとめ

 

FXで1pips変動すると1ロットでいくら得する(損する)のかは、ロットとpipsをしっかりと理解しておく必要があります。

1ロット取引で1pips変動した場合は100円の損失(または利益)が生まれます。

 

この「1ロット・1pips・100円」という基準値さえ覚えておけば、後はpipsとロットの変動倍率さえ確認すれば2秒で損益が求められます。

FXの取引を行う前にしっかりと損益予測を行い、より勝率を高めていきましょう。

-FX

© 2020 FXトレード入門