FX

FX自動売買のデメリットをまとめてみた!大損を防ぐポイントも解説

放置で利益を出せると評判の自動売買プログラムを活用する人が増えていますね。

 

「FX自動売買のデメリットには何があるの?」

 

実際のFX自動売買のデメリットをまとめてみました。

 

危険な面を知ることで、大損を防ぐポイントも解説していきます。

 

 

FX自動売買をするデメリットのまとめ

 

FX自動売買をするデメリットは、大きく分けて以下の5つです。

 

1,初期設定が難しい

2,手数料が高い

3、トレンドの相場に弱い

4,スキルがつかない

5,絶対に勝てるとは限らない

 

下記で具体的に説明していきますね。

 

 

初期設定が難しい

 

・初心者には、最初の設定で苦労する

 

「FX自動売買なら放ったらかしでいいんでしょ?」

なんてイメージを持つ人も多いですね。

 

しかし、初期設定は自身で行わないといけないため、最初から放ったらかしでの運用はできません。

 

そのため、具体的な目標を立て、どのように自動売買をしていくかプランを考えないと始まらないってことですね。

 

初期の設定で苦労しますが、後は自動で売買してくれるので、ラクになる点は頭に入れておきましょう。

 

 

手数料が高い

 

・FX自動売買は通常取引よりもコストがかかる

 

自動売買では、スプレッドだけではなく売買手数料もかかる場合が多いです。

 

そのため、余計なコストが発生する点はデメリットになります。

 

FX会社により、自動売買への手数料は決まっているので、導入する前にはしっかりチェックすることをおすすめします。

 

ラクに運用できる裏には、コストが発生するデメリットがある点は頭に入れておきましょう。

 

 

トレンドの相場に弱い

 

・急激な変化に対応しづらい点もデメリット

 

通常取引では、急激な変化が起きた場合、すぐ対応できますよね。

 

しかし、一度決めた売買ルールを長期間続けていくスタイルの自動売買では、急激な変化に対応しづらい点もデメリットがあります。

 

相場は一定ではなく上がったり下がったりを繰り返しています。

 

例えば、

 

大きな自然災害

テロなどの世界的な事件

急な政策発表

 

などが起きると、FXの売買にも大きく影響してきます。

 

そして、急激な変化から、トレンド相場が発生し強い値上げや値下げが続くことがあります。

 

自身が予想していた相場と逆へ向かってしまうと、大損してしまうデメリットもあるので、要注意ですね。

 

何も考えず、機械的な売買を一定に続けられるメリットはありますが、急激な変化が起きた場合、迅速に対応できない点は頭に入れておきましょう。

 

 

スキルがつかない

 

・手間がかからない分、スキルが身につかない

 

FX自動売買のデメリットは、スキルアップができない点も大きいです。

 

もちろん、初期設定や売買ルールを変更したりするなど、ある程度の調整は必要になってきます。

 

しかし、通常の取引を行う場合と比べると、圧倒的にやることは少なくなります。

 

その分、頭を使って考えない時間が生まれるので、手間がかからない分、スキルが身につかない状況につながるのですね。

 

投資スキルは時間をかけてレベルアップさせるものなので、知識ゼロの初心者が自動売買だけを頼りにすることは、かなり危険かもしれません。

 

「楽に簡単に自動でトレードしたい」

といった気持ちには対応できますが、成長しにくいデメリットがある点は頭に入れておきましょう。

 

 

絶対に勝てるとは限らない

 

・稼げるシステムを選べるとは限らない

 

FX自動売買システムにはさまざまなものがあります。

 

例えば、

 

  1. リピート型
  2. 選択型
  3. 設定型
  4. MT4

 

など自動売買の中身は1種類だけではないのですね。

 

「どのシステムを選ぶかどうか」

から自動売買で稼げるかが決まってくるのです。

 

どのシステムが正解かは、今の相場の動きで変わってくるため、常に正解は変わってきます。

 

「導入さえすれば稼げるんでしょ?」

なんて考えてる初心者は、絶対に勝てるとは限らない点は頭に入れておきましょう。

 

 

 

FX自動売買のデメリットを理解し、大損を防ぐポイント

 

・完全な放置で運用はしない

 

FX自動売買のデメリットを理解すると、完全な放置で運用することの危険性がわかってきますね。

 

納得できる自動売買システムを選択

初期設定を自身で考えて設定

定期的に設定を見直して調整する

 

など、完全な放置で運用はしないことがポイントです。

 

定期的な見直しをすることで、勝率も上がってきやすいです。

 

それだけFX自動売買も根気がいるものなのですね。

 

 

・急激な相場の変化があったら、自動売買プログラムを一時的に停止

 

急な相場の変化があった場合、そのまま設定した自動売買システムを選択し続けるのは危険です。

 

明らかに自身が設定した方向と逆に行ってるのであれば、思い切って自動売買プログラムを一時的に停止させるようにしましょう。

 

最新の相場に敏感になりながら、売買を続けないと、大損する可能性が高くなるのですね。

 

リスクを回避したいなら、定期的に設定を見直して調整したりなど、面倒な点をおろそかにしないことが何より重要です。

 

 

 

【FX自動売買のデメリット】まとめ

 

FX自動売買をするデメリットは、

 

1,初期設定が難しい

2,手数料が高い

3、トレンドの相場に弱い

4,スキルがつかない

5,絶対に勝てるとは限らない

 

などがあります。

 

「ラクをして稼げる」

裏にあるリスクを知ることで、大損してしまう状況を回避できます。

 

FX自動売買を導入したら、後は放ったらかしではなく、必ず定期的なメンテナンスをしながら見守る姿勢が重要になってきます。

 

時間を節約できるメリットは大きいですが、手間をゼロにしてラクに稼げる方法はありません。

 

良い面を最大に活かしながら、かしこくFX自動売買の仕組みを活用していきたいですね。

 

-FX

© 2020 FXトレード入門