バイナリーオプションで失敗する人の特徴

誰だってバイナリーオプションで失敗したくないですよね?

やるからには、負けて失敗するのではなく、利益を出して「勝ち組」になりたいはずです。

一回一回の取引で負けることはありますが、通算で損を出した状態でやめてしまうと、

バイナリーオプションは失敗だった

ということになってしまいます。

そうならない為に、今回はバイナリーオプションで失敗する人の特徴を記事を書いてみました。

今まで失敗続きだった人は、この記事を読むだけで失敗することは少なくなると思います。

バイナリーオプションで失敗したくない人

はしっかり読んでください!

 

目次

1.バイナリーオプションで失敗する人の特徴6つ

1−1.メンタル管理ができていない

1−2.ボラティリティ(値動きが大きい)の多い通貨で取引をしている

1−3.資金管理ができていない

1−4.相場の分析をしていない

1−5.マーチンなどの手法を使っている

1−6.経済指標を随時チェックしていない

2.失敗談や失敗例

3.まとめ

 

1.バイナリーオプションで失敗した人の特徴6つ

バイナリーオプションに挑戦し、失敗している人は約9割と言われています。

一つでも当てはまっていると失敗に繋がる可能性が高くなるので、しっかり確認して頂きたいです!

 

1−1.メンタル管理ができていない

 

ここで紹介する6つの特徴はこれまでバイナリーオプションで失敗している方々にも共通している事が多いと思います。

これは初心者に多く当てはまります

バイナリーオプションでエントリーする際には、必ずどんな人でも根拠となるエントリーポイントを持つべきです。

インターネットで勉強したり、誰かから教えてもらうなど経緯は人によって異なりますが、それぞれ信頼できるエントリーポイントを持って相場に臨む必要があります

その根拠を持たずに、当てずっぽうでエントリーする人は負けて当たり前の「論外」です。

そんな人は、9割の負ける人の上に成り立つ1割の勝つ人からすると、カモがネギを背負ってきた「カモネギ」と一緒でしょう。

しかしメンタル管理ができていない人は、せっかく勉強したエントリーポイントが頭にあっても、取引に生かす事が出来ていません。

結果的にバイナリーオプションで負ける「カモネギ」と一緒になってしまっているのです。

エントリーポイントについてのノウハウを知っていても、実際にできていなければまったく意味がありません。

メンタル管理が出来ていないと、ビギナーズラックで勝てている時は良いのですが、負けが込んだりして資金が減ってくると、とんでもなく大きな不安に襲われます

そうなると、

「早く取り戻さなきゃ!!!」

「一気に取り返してやる!!!」

という気持ちになり、エントリーポイントを決めたはずなのに、基準を満たしていなくてもエントリーしてしまう、、、

結果、負けるのは当たり前でしょう。

そうなると、さらなる焦りや不安が生まれ、負のスパイラルに入り、どんどん資金が減り、、、

やがて全資金を溶かしてしまうことになるでしょう。

 

1−2.ボラティリティ(値動きが大きい)の多い通貨で取引をしている

 

バイナリーオプションには、初心者は避けておいたほうがいい通貨ペアがあります。

それは「ボラティリティが大きい(=値動きが大きい)通貨ペアです。

値動きが激しい通貨ペアでは、上がったり・下がったり、行ったり・来たりを繰り返す事が多いです。

つまり、相場がどちらに動くということがわかりづらいのが特徴です。

そういった特性のある通貨ペアを知らずに選んでいると、結果的に負ける可能性をぐーっと上げてしまいます

一例として、メジャーな通貨ペアで言えば「GBP/USD」は値動きが大きい通貨ペアです。

そのため、初心者はあまりGBP/USDで取引は行うべきではないと言えるでしょう

このように、取引を行うべき通貨ペアと行うべきではない通貨ペアがあるので、実際にバイナリーオプションを始める前に、しっかり理解して取り組むべきでしょう。

 

1−3.資金管理ができていない

 

資金管理は一番重要と言ってもいいほどとっても重要な項目です。

まずは資金管理に関するマイルールを決めていきましょう。

もし、資金管理のルールを決めた上でも感情に左右されてしまい資金管理が出来なくなることはよくあることです。

しかし、前提として資金管理のルールを決めてから取引に臨まないと、本当に話にならないレベルです。

ここでは初心者向けにカンタンにお話しします。

資金管理に関して難しく考える必要はないです。

資金管理のコツは「一回の取引で資金の何%を失ってもいいか?」を決めるだけ。

堅くいくのであれば、1回の取引で資金の2〜5%ほどで取引するのが良いと言われています。

仮に資金が10万円だったとすると、1回の取引金額は、2000〜5000円です。

決めてしまえばカンタンですが、このルールすら決めずに資金管理が出来ず、資金をドンドン溶かしてしまう人も多いのが現実でしょう。

また、決めていてもメンタル管理が出来ずに破ってしまい、なかなか守れていない人も多いです。

1回の取引を2000円として、ビギナーズラックで連勝できて気が大きくなり、1回の取引額を10000円に増やしたら、1回負けるだけで大きくマイナスになってしまいます

その逆はさらに悲惨です。

負けが込んで、感情的になり一回の取引額を増やして大きく負けたら、資金が底をつき「即退場」 もありえます。

資金管理はまずルールを決めること。

そしてそのルールをしっかり守り続ける。

これが基本であり、奥義です。

 

1−4.相場の分析をしていない

 

バイナリーオプションで勝っている人は、必ず相場分析をかなり綿密に行っており、勝った時や負けた時の反省をしっかりしています。

そして、負ける人は相場分析をしていません。

もしくは手を抜いて、結果だけに捉われている事でしょう。

結局は勝てる人も負ける人も、同じチャートを見ています。

そこから「何を考えどう行動する」のかが一番大事になるのです。

しかし、相場分析には模範解答となる正解はありません。

「ダウ理論」などの参考にする知識は勉強すればするほど習得できます。

でも、実際の相場はいくつもの要素が複雑に絡まりあう為、習得している理論が出現していることに気がつけないことが多いです。

例え、気が付いたとしても「買い」でエントリーすべきなのか?

「売り」でエントリーすべきなのか?

それともエントリーしないで「待つ」べきなのか?を瞬時に判断しなければいけません。

どんなバイナリーオプションのプロでも、勝率100%で一生いられる人はもちろんいません

つまり負けトレード(判断を間違える)も十分あるのが現実です。

しかし、バイナリーオプションで勝っている人は、過去の相場を振り返り、

「この時にこうすべきだった、ああすべきだった」

と分析し続けています。

そうする事によって、リアルタイムでの相場分析も正確にでき、早い判断ができるようになっています。

何も初めからできていたわけではありません。

「絶対にバイナリーオプションで成功してやる!」「その為に相場分析をしよう!やり続けよう!」と決意し、やり続けたかどうか?

これが非常に大事になります。

バイナリーオプションで負ける人は、相場分析をやり続けていないから、力不足で負けるのです。

相場分析には正解がないのです。

初めは色々と模索しながらやっていくことになります。

上手くいかない事も多いでしょう。

しかし諦めないで続けていくことで、力がついて来て、勝てるトレーダーになることができるのです。

 

1−5.マーチンなどの手法を使っている

 

バイナリーオプションで勝つためには、マーチンやナンピンなどの手法を絶対に行わないことも大事です。

これに関しては「何故ダメなの?」の説明は不要ですよね。

「結局バイナリーオプションで勝つためには、どんな手法を使うべきなの?」なんてインターネットで少し検索すれば、すぐに出て来ます。

それすら行わずに、負ける手法を知らずに行い続けていれば、確実に負け資金は必ず底を尽きてしまいます。

つまり、「バイナリーオプションで勝ちたい!」という動機が弱いと、少し検索をかける行動すら面倒でしょう。

そんな人は知識不足で負けるのは目に見えています

負けが込んで、感情的になり、ついナンピンしてしまうことも少なからずあります。

それも確実にいつか「負けトレード」になり「退場」への一歩を歩むことになるので絶対にしないように気をつけましょう。

 

1−6.経済指標を随時チェックしていない

 

経済指標をチェックしないでバイナリーオプションをすることも絶対にしてはいけません。

確実にいつか大負けしてしまうことでしょう。

経済指標をチェックしないでバイナリーオプションをすることは、釣りに例えると台風予報が出ているのに海に出ることと一緒です。

そうすると、大波にさらわれ、最悪命を落とすことになる可能性が高いです。

相場には、絶対に逆らえない「波」があるのです。

経済指標は、全世界の多くのトレーダーが注目しており、相場を一気に動かす「大波」が瞬時に作り出されます

その「大波」が出る可能性がある時刻をあらかじめ知ることができるのに、それをやらないのは、初心者中の初心者です。

そんな人は、負けて当然でしょう。

どんなサイトでも簡単にチェックするだけなので、絶対に経済指標は確認してからトレードに臨むように意識していきましょう

 

2.失敗談や失敗例

 

先ほどの6つの負ける要素を繰り返していくと、確実にバイナリーオプションで失敗します

負け続けるとどうなるか、後々語ることになる失敗談や失敗例を考えてみました。

バイナリーオプションで失敗し続けると、遅かれ早かれ資金は120%の確率で全て溶けます

資金の量は人によりますが、多くの人が元手となる資金を集めるのは簡単ではありません。

仮にサラリーマンやフリーターの人で、元手20万を用意するのは難しい事です。

やっと苦労して用意できた資金を溶かしてしまうと、次にもう一度まとまった資金を作るのにかなりの時間を要します。

サラリーマンの方でもう一度元手の20万を用意しようとするなら、貯金を数ヶ月はしなければならないでしょう。

その間は一切、バイナリーオプションはできません

もし焦って「借金してでもいいから早くやり直さなきゃ!」と消費者金融などからお金を借りた場合、その勝負で負けると、今度は借金を背負うことになります。

数十万円から数百万円の借金を返済しながらサラリーマンをしても貯金は全くできません

よって元手を用意することができなくなり、もう投資であるバイナリーオプションには挑戦することが一切できなくなります。

最悪、自己破産になってしまうこともあるでしょう。

もし自己破産したことが周囲の人間にバレてしまったら・・・ 悪い評判がどんどん立ち、次第に関係性が悪化して友達や同僚はあなたから離れていってしまうかもしれません。

そうなると人間関係も最悪になりもう人生は終わり…。なんてことになってしまうかもしれません。

まず手元の資金を全て溶かしてしまうというのは、初心者にはかなり多いことです。

元手となる資金=全財産の状態でバイナリーオプションに挑戦するのはかなり危険と言えるでしょう。

バイナリーオプションは投資です。

投げてもいい(=無くなってもいい)資金で行うから「投資」なのです。

そのことを、忘れずにバイナリーオプションに挑戦するようにしましょう。

 

3.まとめ

 

いかがだったでしょうか? 今回はバイナリーオプションの失敗に関する記事を書いてみました。

簡単にまとめると、失敗する人には失敗する特徴があり、うまく行く人にはうまくいく特徴があることがあるということです。

1日の生活の全てが、投資で勝つ為にリンクしていて、そういう身の回りのことから環境整備を進めて行くことが大事です。

ではバイナリーオプションで失敗しない為にもスキルアップ、環境整備をしていきましょう!

 

今まで失敗し続けてもう嫌だってなっている方。

裁量には限界がありますよね。

しかし、裁量を補助的にサポートしてくれるツールがあるのはご存知ですか?

このツールを使うと30万円の利益を保証いたします!

こんなツール絶対高いだろうと思いますよね。

このツール通常7万円で販売しています。少し高いですよね。

しかし今だけ通常7万円のツールが無料で利用できます!

30名の数量限定なのでお早めに!

 

こちらからどうぞ!

▼ ▼ ▼

https://syoukai.club/lp/e7q/4l7a

 

※クリックしても入れない場合は申し訳ありませんが定員オーバーになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です